So-net無料ブログ作成

無事完走したアニメなど [アニメ]

この時期になると深夜アニメのBD-R焼きの作業が発生するのだけれど、全部見られたものをあげていきます。まだ続くものも入れてあります。

・女子高生の無駄使い
・フルーツバスケット
・まちカドまぞく
・鬼滅の刃
・Dr. STONE

こんなもんでしょうか。満足できたのはまちカドまぞく、と、Dr. STONEですかね。後は少し不満がありました。

まちカドまぞくは、再放送していたまどかマギカみたいに外連味というか無駄にドロドロしたところはなく、まぁ魔法少女ものとしては特殊だけど真っ当な健全性だったとは思う。シャミ子の背が小さいけど案外胸があってスタイルがいいとか、魔法少女が脳筋だとか、邪神像の待遇の不遇とか、いろいろ基本となる笑いどころがたくさんあった。

Dr. STONEはちょっと意外な感じだった。始めは人類が石化するとかトンデモ科学だと思ったら、それを乗り越える方法が割と純粋科学だったという。確かにそんなに簡単に上手く手に入るものかよとか、試行錯誤をしたところでそんなに上手くいくかよという予定調和的なところもなくはない。だけど、石化以外のところにはそれほど無理はない。ただ手元に本もないのに主人公がよく科学を知りすぎているというところはあったかもしれない。


女子高生の無駄使いは始めは最高に面白かったのだけれど、人物紹介ができてしまった後はあまり面白くなく惰性で見ました。オタの漫画あたりまでがピークかな?

フルバは前にアニメ化した方が良かったというのが残念なところ。やはり大地丙太郎を超えられなかったか。二度目だからか感動が薄いのもあった。原作はいいのだろうな。それとなんだか早足で紹介しすぎた気もする。

鬼滅の刃はジャンプらしい作品だった。でも、作画オタが賞賛しすぎていて気持ち悪かった。大体において作画オタが称賛する作品は内容が厳しい場合が多いのだが、鬼滅の刃はそこそこ面白かった。ただグロシーンが多くてちょっと辟易した。ジャンプ的な爽やかな暴力じゃなくて、膿んでいるようなサブカル系の匂いがした。二期は決まっていなくて、次は映画でやるそうだ。そこまでファンじゃないので追えなくなるのは寂しいところ。



途中で投げ出して後で見ようかなと思っているものは

・うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
・荒ぶる季節の乙女どもよ。
・ダンベル何キロ持てる?
・ソウナンですか?
・キャロル&チューズデイ

荒ぶる季節の乙女たちよ。は親の前ではちょっと恥ずかしいので見る機会が取れてないのでいつか見るはず。うちの娘。はロリロリすぎて見ていて小っ恥ずかしくなってくるので、全部見るのはちょっと辛い。ダンベル何キロ持てる?はガチに走りすぎていて、漫画のネタ的にはどうなのという気もしていた。ソウナンですか?はちょっと過激なのでリビングで見にくい。キャロル&チューズデイは12話くらいまで我慢して見ていたんだけど、一向に楽しくならなかった。手間と金はそこそこかかっていて、正攻法でやっているのはわかるのだが、笑いが内輪というかどこかで発表されて残ったものじゃないから辛かった。


今期はそんな感じです。今回もそこそこ見て多くはBD-Rで焼いて多くは死蔵です。時間ができそうなので、時間をすり潰すように見るかもしれませんが…。

コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Twitterまとめ投稿 2019/09/30 [Twitter]


コメント(0) 

ドライバとスタブって何だったっけ? [プログラミング]

ドライバとスタブなんて基本情報技術者試験とかにしか出てこないと思うのだけれど、一人プロジェクトとかが多かったため、言葉の意味合いを細かく考えたことなかった。第二種情報処理技術者試験の時にはきちんと覚えたんだろうけど、正直使わない言葉は忘れる。

この下のサイトの図を見て納得したんだけど、呼ぶ呼ばれる関係はそんな感じである。
http://tooljp.com/windows/chigai/html/Programming/driver-stub-chigai.html

ドライバ
 ↓(コール)
テスト対象
 ↓(コール)
スタブ

言葉で書くと位置関係がわけわかんなくなるけど、図示してしまえばそれで終わりである。上位モジュール下位モジュールとか書いてあると余計にわからなくなる。
https://www.fe-siken.com/kakomon/19_haru/q44.html

テスト対象を呼ぶのがドライバである。
テスト対象に呼ばれるのがスタブである。

状況から考えると、テスト対象のものを作ったけど、ミニモジュールに呼んでもらうとそのミニモジュールがドライバだということになる(ドライバは上位とされる)。テスト対象から呼び出そうとするけれども、呼び出そうとされる側が出来上がってないとかでミニモジュールを作って呼ばれるものを作った場合、それはスタブである(スタブは下位とされる)。

自分が書いたテスト対象は、ドライバでもスタブでもないところが混乱してしまう原因の一つかもしれない。本当なら本番環境で結合試験をしたいのだが、それができないので擬似的なモジュールで対応しようという話だからそもそも面倒ではある。


デバイスドライバという言葉があるが、「デバイスを呼ぶ」という意味で「ドライバ」という言葉が使われているのかもしれない。というか、一般的にはドライバと言うとデバイスドライバのことを言うので、そこから覚えてしまえばいいと思う。デバイスを従えるためのソフトみたいな。

何にしても位置関係がわかりにくいと思うのは私だけでしょうか。それに上位下位は結果的にそうなると思うので、呼ぶ呼ばれるで覚えた方がいい気はします。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/09/29 [Twitter]


コメント(0) 

報道特集でのヤングケアラーについて [徒然]

TBSの報道特集は毎回二つ特集をやっているのだけれども、どちらかは興味の対象であることが多いので毎回見ている。ググると偏向報道とか出ているけれども、TBSにしてはそこそこ平均的な見方をしているのではないかと思う。

今回はヤングケアラーの問題をやっていた。親の面倒を子供が見る、の若い人版なのだが、ティーンぐらいの子供が親の病気の面倒を見ていることの辛さをどうしようかと言う話である。日本ではヤングケアラーの把握すら大してやっていないのだが、イギリスでは自助会みたいなものやサポートの手段があるとされる。

日本は仕組みができてしまえば、それがそこそこ行政がやってくれて形骸化しない限りは割と大丈夫だ。だけど、問題があるのがわかっていて放置したり、日本特有のわけのわからない自己責任論で社会的に切り離されがちである。歳をとってからの老老介護も問題だけど、ヤングケアラーの問題も昔からありそうで、最近の核家族化から顕在化している問題であろう。日本は問題があったら蓋をするか無視する傾向にあるので、ヨーロッパ的な問題があったら乗り越えるというポジティブな環境ではない。

日本は既存の仕組みを真似るのは得意だけど、現状を理解してそれを解決する能力が低い。そしてそれを解決する法律なりができても、その名目上の目的を捉えられずに法律に抵触するからやるとかやらないとかそういう方向にしか動かない。他人事としてしか捉えられないのが日本人であり、自らに厄災が降りかかってこない限りは無視する。まぁそうしないと災害等も多いので耐えきれないのかもしれないのだが、あまりにも悲しい世界ではないだろうか。


その日の別の特集で、千葉の台風による大停電の対応の遅れの話が出ていたけど、千葉の人には悪いけどある程度は仕方ないところではないのだろうか。東電が復旧がすぐにできると言っていたのにできねーじゃねえかというのはそうなんだけど。

東日本大震災の福島と同じくまた東電だけども、今回はそこまで叩くほどの悪手はしていないと思うし、実際に動く関電工さんなどは非常に優秀であったことは間違いのないところだろう。後から状況を見て叩くことは誰だってできるし、すぐに復旧できると言ったこと以外は仕方ない話だとは思う。実際に停電している人にとってはムカつく以外の何物でもないとは思うけども、テレビが後をつついたところで森田健作が困るだけで後に役立てられるとは思えない。

今回は行政も後手に回ったし、東電も安直な復旧計画を言い出してしまったし、最終的には停電状態が長い間続いてしまった。ただ、各所が上手く立ち回ったところでそれほど素早く復旧したとは思えないのだ。全部が全部上手く回っていたら、もう少しマシになっていたかもしれないが、台風の被害が出たこと自体は変えられないわけだ。

しかし、これだけのおおごとになっていても、政府のガン無視ぶりはやはり自民党の安倍政権っぽいなと思った。今までもいくらでも大災害はあったのだけれども、それに対して臨機応変な態度を見せたことがない。ポーズだけでもいいからやればいいのに、金にならないところには全く興味がない安倍政権。ほんとこんな人たちが国の中枢にいること自体信じられないのだが、おかしなことに支持率は低くない。まぁこれだけネトウヨが台頭しているから仕方ないのだが、右翼だから支持するという盲目的な支持の仕方がわけわからない。


ヤングケアラーにしても、災害復旧にしても、日本人が自らいい方向に歩もうという意識がなければ上手く動かない。国ぐるみにしても草の根活動にしても、それが改善の方向に持っていこうというポジティブさがなければどんどん闇にはまっていってしまうのが日本なような気がする。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

SwiftとGolang並行してやるとわけわかんなくなりがち。 [プログラミング]

どっちもそれほどクセが強い言語ではないので、いわゆる常識的な範囲では混乱する事はあまりない。もともと用意されたライブラリを使ったり、ありもののソースを改造したりするので、そこまで文法で引っかかる事はないのだが、細かいところはやっぱり引っかかる。

最近の言語はお互いに参考にしているところが多いので、プログラマのコモンセンスが割と役に立つ。とはいえ、やはり別々の独立した言語なので、そもそもの演算子がなかったりあったりで、こっちはそういうのなかったんだったっけという場面も少なくない。

Swiftは再三の要求を受けてAppleがOSS化したんだけれど、僕がOSS版を使った時はまだまだだった。そもそもAPTなどでパッケージ化されていなかったり、コマンドラインで必要な部分のライブラリがスタブ状態で実装されていなかったり、コマンドラインのツールを作る程度の状態にはなっていなかった。

今の状態はわからないけど、たぶんSwiftは基本的にMacやiOSのアプリケーションを作る言語であるという前提条件を出ない域であろうと思う。言語の素養は悪くないので、コンパイル言語としてもっと活躍してくれていないのは残念である。


同じコンパイル言語として、ガベージコレクションを使っているGolangだが、SwiftのARCにしてもメモリの解放を考えなくていいのは楽だ。というか、本来の処理を考えるとメモリの確保と解放は本来的な部分ではないことが多いので、言語側で処理してくれるのは正しい進化ではある。旧Objective-CとかC++がダメなのはそういうところだったから、LLのようなスクリプト言語のようなメモリの処理は期待されるところである。

それとGolangがいいのは他の人が作ったパッケージをサクッと使える仕組みである。gitリポジトリから取ってくるのかHTTPでアクセスして取ってくるのかは知らないけど、パスを指定してあげるだけで取り入れられるのは作る点においてしんどさが少なくていい。ソフトウェアは手元に自己管理で持っているというのがかなりしんどいことで、どこかで一元管理してくれていればそれに乗っかってしまった方がいい場合も多い。一度固めてしまったソースを弄られたくないとかなら、参照先が新しくなってしまうのはきついが、まぁセキュリティーも上がるのであればそれに追随すべきなのかもしれない。

SwiftがまともにApple以外の用途で使えないのであれば、Golangでやるのが筋なのかもしれない。というか、まともなオブジェクト指向のコンパイル言語が出てきたと思ったら、やっぱりAppleで使うのがせいぜいなんかいというのが、やっぱりAppleという企業の懐の浅さを示したところだろう。そもそもOSSにするのさえ渋っていたのだから、そのままOSSになったという時点でまだ歓迎するべきなのかもしれないが、その後があまり良くない。そもそもAppleとOSSというのはあまり相性が良くないのだ。それは多分最近のMSを下回るレベルだと思われる。


というか、Golangが出来てから、別に無理にオブジェクト指向にしなくていいんじゃね?という流れができた気がする。オブジェクト指向ではないのに加え、ライブラリパッケージが薄めにできているのも、Golangの性格が出ているようだ。あまり階層を深くして作ったところで、使うときに調べたりするのに面倒なのは余計な労力だろう。MSの.Net FrameworkやMacのCocoaはオブジェクト指向でシステムのAPIを組んでいるが、Linuxとかでオブジェクト指向のライブラリは少数派なんじゃなかろうか。結局、べったり平らな単純な関数が並んでいるAPIの方が使いやすいとされているような気がする。

一度はオブジェクト指向万歳な時もあったが、そのライブラリを作っている方としては組み直しがきついということを念頭に置いて設計しているとは思えなかった。Cocoaはやたらdeprecatedなメソッドがたくさんあった気がしたし、何年かしたら使えなくなるライブラリなんて使いたくない。


今、Swiftを全体をさらっておこうかなと思っていたんだけど、どうせAppleでしか使えない知識は覚えるに値しないんじゃないかと思い出した。その場で本などを見つつ書ければいいレベルの頻度しか使わないんだから、もっと別のことをすべきかもなぁと。でも文法の本ってさらっと流して読むってことがしにくいんだよね。どうしようか。

タグ:SWIFT Golang
コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/09/28 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/27 [Twitter]


コメント(0) 

ドラクエウォーク続けてやってます。 [ソフトウェア]

ドラクエウォークとりあえず続けてやっています。初めは丁寧に歩いてやっていたのですが、先日バスでやったのですが別に問題なくできました。バスに乗っての操作はポケGOよりかはやりやすい感じ。

移動速度が速いとワーニングが出ると思っていたのですが、それはそんなに出てこなくて別にプレーに問題が出るほどではありませんでした。それに速度的にバスはストップアンドゴーをしているため、そこまで速度が出るってわけではないのでした。

バスに乗っている時は、主にWalkモードをしないで、主に走行中は回復ポイントを触ってイベントコインとアイテム集め。バスが止まったら近くの家の中をのぞいて中のアイテム取りと、緩急があるドライブで地道にアイテム集めをしていました。戦いは家も回復ポイントもすっ飛ばしてしまうので極力しない体で。その代わり、バスを降りて歩くときにはWalkモードを発動して勝手にバトルさせてます。

とりあえずドラクエウォークのシステムはわかってきた感じ。課金前提のゲームなんだけど、無課金でもしばらくは行けそうな気はする。ただジェムもいくらか貯まっているし、それが枯渇するまでは大丈夫そうだな。

レイド的なやつなんだっけ?手形が必要なやつはまだやっていません。家の近くに代表的な建物がないので、出現するレイドモンスターがいないんだよね。ポケGOで田舎は厳しいと言われていたけれども、その傾向は解消されつつも残っている感じではある。まぁ人のいないところでレイドモンスターを出しても仕方ないのは確かだろうけれども。

まだやれない事とやってない事はいくつかあるけど、ある程度のチュートリアル的な部分は通過したので、あとは配布されたふくびき券を消費してどんどん先に進める事ですね。最近脇道に逸れて無駄にレベルが上がっているので、本流に戻ろうと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Twitterまとめ投稿 2019/09/26 [Twitter]


コメント(0)